キリンの記録

初めての子育てに てんやわんやの毎日です.子供のこと、パパのこと毎日のちょっとしたことを 書き留めていきたいと思います.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フリープレイとスケジュール

今日のママ友の間での会話は

年齢が3歳になる 我々のチビッコの幼稚園(キンディ)と保育園(プリスクール)選びの
情報交換でした。




でも 殆どのママが しっかり日程の決まっている(スケジュールの組まれている)プリスクール
に子供を入れたい、といっていました。


理由は、生活リズムをつけたい。食事の時間など
毎日の生活で 大事な部分を、小さいうちから身につけさせたい。



(とても日本人的な発想だとおもうのですが)



といったところ。




フリープレイのところに入れると、


✳️一人遊びをしていたら
自分で遊べる とみなされ 先生に放ったらかしにされる。ーことが多い。

✳️何かをやる時に「(本人が) やりたくない 」といったら そのまま 本人の意見を尊重
することが多く、絶対にやらなければいけない という ことにはならない
ーーまあ、これは時と場合によると思いますが

✳️ フリープレーで育つと、学校に行った時に困る



こういうことを避けたいから
というもでした。



私は、子供の好きなことをさせたい!
と思っていたので、フリープレーを推奨する(遊びから学ぶ)
プレイセンターにも連れて行っていたし、
今とらの通ってる キンディにも なんの疑いの余地もなく入園させていました。



それに実際 先生方は みんな大学で、みっちり勉強されて来た方ばかり。
子供をみるプロです。




でも、今日、
そのフリープレーに対して かなり ネガティブなことを言われ
チョット凹んでます。
(そいいう意見もある。と受け入れるべきなのでしょうね。)




まあ、確かに、とらの場合

お昼ご飯を食べる時間が決まっていないから、お昼をほんのちょっとしか
食べないで、家に帰って 3時にお昼の残りを食べていたり。
(それで、少ししか夕食が食べれない、ということが多い。→でも、おやつにお菓子を食べて
お腹いっぱいに なってる訳ではないので 様子を見ています。
もし、こいうことが続くのであれば お昼の内容を変えるつもりです)


ご飯を食べたら、お風呂というルチーンが できず毎日大奮闘だったり。



(それが、日程の組まれてる所だと、おこらないー起こりにくい
ということでした)



まだ3歳だから、、、、ということかもしれませんが
とらがスムースに 事を進められないのは
フリープレイのせい と言われているようでした。



決してそんな言い方はしないけれど、
みんなの話を聞いていて そう取れなくもなかったです。
だって、思い当たる節がたくさんあるんですもの、、、




ニュージーは遊びを通して 学ぶというのがモットー
自分の興味がない時、自分の興味のない物を聞いたり、遊んだりしなくて
いいのです。→でも、学ぶチャンスを逃すと。もしかしたら
しらないだけかもしれない。聞くチャンスがあるから新しい物を得るチャンスと。j



本当にそんなことを言い始めたら
きりが無いんです。


一番悲しかったのは、自分がいい!と思っているキンディのことを
しっかり説明できなかった自分に対して。


ちゃんと意見できない自分に情けなさと イライラをつのらせ、、、
チョット心が折れそうでした。




でも、とらはちょっと変わってるかもしれないけど、
すんなり行動を取れなくって問題児かもしれないけれど
でも、今の調子で、キンディで
いっぱい遊んで、たくさんのことを学んで欲しいなあー
と思ってます。





次はすぐ学校のことを話すようになるんだろうなー。









スポンサーサイト
[ 2014/04/10 21:04 ] 生活全般 | TB(0) | CM(4)
フリープレイの現場で働いている私より一言!

NZの幼児教育のいいところは、そうやって親や子供が、自分達の方針や生活にあった教育が選べるところなんだよ。だから、誰も間違っていないの。トラ君がハッピーなら、そこで間違いないのです!そして、それが一番感覚的に分かっているのは、一番一緒に時間を過ごしている、キリンちゃんなのです。

お昼のことは、先生に相談してみてね。私も次のタームから、気をつけて見ているようにするね。

子育ては皆、必死なのよ。そして、絶対っていう正解もない。
だから、熱意のある人は、つい他人にも良かれと思って、ものすごく熱意を持って自分の信念を主張してしまうのだけれど、それが必ずしも相手にとって合っているとは限らない。だって皆それぞれ、違うんだもんね。だから、トラ君が変わってると思う人がいるなら、キリンちゃんがトラ君の個性を殺さないように気を付けている証拠!そして、私から見たトラ君は、とってもラブリーボーイだよ!

ウチのチビは小学生だけど、学校になっても同じ。
良い学校とか悪い学校っていうのはなくて、学校の方針が合っているか合ってないかということなんだよね。“ウチの子には合ってるんだよね~!”と言っておけば良いのです(笑)!
[ 2014/04/13 16:57 ] [ 編集 ]
イマさま
コメントありがとうございます。

かなり 一人でウジウジ考えていたのですが、イマさんに 言われると、説得力があって そっか〜と納得できます。

育児は それぞれちがうんですね、当たり前ですね、こんなに沢山の人がいるんですもんね。

来ターム 楽しみですー。待ってますねー。
[ 2014/04/15 19:15 ] [ 編集 ]
信じる者は救われる。
ウチは、2人共、プリもキンディーも経験しましたが、どちらにも良いところがあるし、先生方はどちらもちゃんと見てくれていますし、不安や不満や気になることを伝えれば、すぐに先生が対応してくれます。
なので、キリンちゃんが考えて感じて決めた方で大丈夫!で、どうにもダメかもと思ったら、変更してもいいと思います。
ルーティン決まってても入らない(入りたくない)子も居るし、フリープレイでも割と規則正しく遊ぶ子も居るし、でも、それを踏まえて、ちゃんと見てくれている人がいるから大丈夫だと思います。

ウチの落ち着きのない息子は、フリープレイでイキイキと過ごし、こんなでプライマリーに行った時大丈夫⁇と真剣に考えたけど、5歳になって、スクールボーイになってビックリ!ちゃんと毎日のルーティンに収まっていました!
あぁ、5歳という年齢設定は、そういう枠に入っていく適齢なのか!と思いました。自分である程度理解して、枠に入っていく感じでした。そういう意味で、5歳なのかも。

あっ、ランチは、何歳になっても、時間決まってても、楽しいことがあったら食べませんよ〜。
[ 2014/04/18 10:56 ] [ 編集 ]
Meshaさま

コメントありがとうございます。

信じるものは救われる!!

そのとうりですね。


私自身が人を信じやすいというか、人の言うことを疑わないというか、
のんびりしているので、今回自分と全く考え方の違う意見を聞き
本当にびっくりしたし、かなり動揺してしまいました。
でも、みんな違う教育方針があって当たり前なんですよね。


そうですよね! 先生方みていてくれてますよね。
ーーーそんなことはない、と言う ネガティブな意見をみんな私以外の人が持っていたので
本当にビックリだったんです。

五歳の「スクールボーイ」になる頃には 落ち着いてルチーンの生活を送れるように
なって来るんですねー。なるほど!
うちも そうなりますように🙏

すみません、アレコレと書きたくて まとまりがないのですが、、、


子供がイキイキできる所に行かせてあげたいです。
でも、ターム1が終わったけれど 毎朝 私の足を離してくれなかったんです。
来タームは少しおちつくといいと思ってます。









[ 2014/04/18 19:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL


プロフィール

ピンクのキリン

Author:ピンクのキリン
クライストチャーチで子育てしてます.
2011年1月生まれの長男、2013年8月生まれの長女の成長記録、パパとママの日常の生活記録(主に育児奮闘記)です。

いくつになったの☆
Calender Archive

rain shininig
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。